ハイドロキノンの成分効果とは?

ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている美白剤で、市販でもハイドロキノンを配合した商品が販売されています。ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、使い方、購入方法などご紹介していきます。

ハイドロキノンの効果はどれくらい?

美白に良い成分はビタミンCやプラセンタなど多くの種類がありますが、多くの美白成分の中でも特に高い美白効果があるとされているのがハイドロキノンです。
肌の漂白剤とも呼ばれるほど高い漂白効果があることが特徴的です。
ハイドロキノンはシミの原因であるメラニンの生成を抑えてくれることはもちろん、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトにも働きかけ、メラノサイトを減少せることもできることが特徴です。
外用薬として使われ、シミのある部分につけることで改善を目指していきます。

多くの美白成分はシミを予防することに役立っていますが、ハイドロキノンの場合はシミを予防することはもちろんすでにできているシミにも働きかけてくれます。

紫外線の影響でできるシミ、女性の悩みである肝斑、そばかす、ニキビ跡や虫刺されによる色素沈着など様々な悩みに対応できる成分です。

効果が高い分、副作用も強く出る傾向があり、日本では長く医師の管理下のもとで使用され、一般的な美白化粧品などには使うことができませんでした。
2001年に薬事法の規制緩和があり、化粧品にもその使用が許可されるようになりました。

効果は高いですが、その成分は不安定となっていますので、肌トラブルを防ぐためにも正しい使い方をすることが大切です。
濃度も様々ありますが、高い濃度のものは肌に刺激を感じやすくなりますので、ピリピリする、赤くなるなどの症状があれば一旦使用をやめ、医師に相談しましょう。

美白化粧品では、時として、肌の一部の色が抜けてしまう白斑と呼ばれる症状が出ることもありますが、ハイドロキノンの場合も高濃度のものを使ったり、長期に使うことはこうした症状が出る場合もありますので、長期の使用や高濃度での使用には注意したいところです。
低濃度のコスメであればこうした症状は出にくいとされています。

さらに使用上で注意したいものに紫外線があります。紫外線の影響を受けやすい成分ですので、使用したときは日焼け止めを塗るなどして紫外線からの刺激から肌を守ることも大切です。

そして酸化しやすい成分でもありますので、冷暗所で保管し短期間で使い切るようにしましょう。もし残ってしまった場合も酸化した場合は肌に刺激を与える場合がありますので、使用は避けます。

高い効果を得られる成分ゆえに、トラブルを起こさないよう正しい使い方を行ないましょう。まずは目立たないところでパッチテストをし、刺激が起きないか確認します。過剰に使ったりせず医師の指導に従い、正しい使用を心がけましょう。

↓ハイドロキノンを含んだ美白クリームも数多く取り揃えています
効果ある美白クリームなら通販がお得