ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている美白剤で、市販でもハイドロキノンを配合した商品が販売されています。ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、使い方、購入方法などご紹介していきます。

ハイドロキノンの値段を知っておきたい

年齢を重ねて30代や40代になると、お肌のしみに悩まされている人が増えてきます。
若い10代や20代の人も、スポーツなどで強い紫外線を浴びていると、しみが出来てしまう場合があるのでUV対策をきちんと行っておく必要があります。
ハイドロキノンは、美白効果が高いのが特徴になっていて、メイクを落とした後にしみの目立つ部分に適量を塗っておくことで、しみを薄くする働きがあります。
ドラッグストアなどでも購入できますが、1パーセントから4パーセントぐらいの濃度の商品が多いです。
皮膚科や美容皮膚科などでは、4パーセント以上の高濃度のハイドロキノンを処方してもらえるため、ドラッグストアの商品に比べると効果が高いのが特徴です。
ハイドロキノンは保険適用外になっているため、自由診療になっていますから、医療機関によって値段に多少の違いがあります。
5gで2000円前後の値段になっている皮膚科や美容皮膚科が多く、比較的高価になっています。
ハイドロキノンは、継続しているとお肌が敏感になってしまうこともあるため、朝は洗顔をしてしっかりと成分を落としておくようにして、外出をする時は日焼け止めをつけたり、UVカット効果の高いファンデーションなどを塗っておく必要があります。
美容皮膚科や皮膚科では、値段が高めになっていますが、信頼できる医師が処方しているので、安心して購入ができます。
海外医薬品の通販のお店でも、ハイドロキノンが購入できますし、医療機関に比べると値段も安くなっています。
お肌のデリケートな人は、最初は高濃度な商品ではなく、1パーセントぐらいの商品を選ぶようにすると良いでしょう。
ハイドロキノンは優れた美白効果のある医薬品です。