ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている美白剤で、市販でもハイドロキノンを配合した商品が販売されています。ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、使い方、購入方法などご紹介していきます。

ハイドロキノン使用によって起こる副作用とは

白い肌は多くの女性が憧れを持っており、近年、できてしまったシミ自体を漂白する作用があり、高い美白効果を発揮してくれると人気なのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンにはチロシナーゼというメラニン色素を合成する酵素の働きを抑制するだけではなく、メラニン色素をつくりだす細胞であるメラノサイトそのものを破壊する働きもあるため、できてしまったシミとこれからできるシミの両方にアプローチします。美白効果は非常に高く、市販されている美白化粧品の中ではダントツともいわれます。

美白効果の高いハイドロキノンですが、熱や光に弱く安定性が低く、使い方を誤ると副作用が起こりやすいという特徴があります。副作用として報告されているのは、肌のかぶれやかゆみ、刺激感、または白斑などです。白斑とは、肌の色素が無くなってしまったように白くなる症状ですが、ハイドロキノンの持つ美白効果の高さゆえに起こりやすいといわれ、4%以下の低濃度のものでは起こることはないといわれています。

皮膚科などの医療機関で処方されているハイドロキノンは、治療目的であるため濃度が高く、正しい使い方をしないと副作用が起こりやすくなるので、必ず医師の指示に従い、用法と用量を守って正しく使用してください。
また、ハイドロキノンを塗布した部分はメラノサイトが破壊され、メラニン色素が生成されなくなるので、紫外線による刺激を受けると肌が直接ダメージを受けてしまいます。必ず、日焼け止めを塗るなど万全な紫外線対策を行わなければなりません。

市販されている美白化粧品に含まれるハイドロキノンは、医療用に比べて濃度が薄いため、副作用が起こる心配はほとんどありませんが、たくさんつけて美白効果を早く得たい、より得たいと考えず、副作用のリスクを考えて適量を継続して使用することが大切です。