ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている美白剤で、市販でもハイドロキノンを配合した商品が販売されています。ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、使い方、購入方法などご紹介していきます。

ハイドロキノン配合濃度が低い白美肌クリームの多い訳

シミやそばかすの原因とされるメラニン色素は、紫外線や皮脂の酸化、好中球の過剰な反応等によりチロシナーゼと呼ばれる酵素が活性化し形成されるメラノサイトで生成され、メラノサイトの増加がシミやそばかすなどの肌トラブルの増加に直結しています。
ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を促進するチロシナーゼの活性化を抑え、メラノサイトの形成を抑制します。
白美肌の為のメラニン色素の生成抑制は、ビタミンC誘導体やアルブチン等でも効果がありますが、ハイドロキノンは既存のシミやそばかす等の除去や色を薄める作用のある白美肌成分であり、コウジ酸やアルブチン、ビタミンC誘導体等の10倍~100倍の効果を有するとされています。
2001年の薬事法の規制緩和により、ハイドロキノン配合の白美肌クリームやコスメが市販化されていますが、ハイドロキノンは細胞毒性がビタミンCの数百倍の抗酸化力を有するフラーレンやビタミンCの数千倍の抗酸化力を有するフェニルエチルレゾルシノールなどに比べて強い事や高濃度ハイドロキノン配合のクリームなどの長期間使用は使用部位が必要以上に白くなってしまう白斑となるケースがある為に、5%以下の低濃度の白美肌クリームやコスメが多く市販化されています。
ハイドロキノンは、不安定な成分で酸化し易い為に塩素の様な刺激臭を有するベンゾキノンと呼ばれる成分に変質し、肌に大きなダメージを与える事もあります。
ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑制している為に紫外線を浴びるとシミを濃くするケースがあるので、ハイドロキノン配合の白美肌クリームなどを使用する際にはSPF20以上の日焼け止めクリームなどを塗って紫外線対策を万全に行う必要があります。