ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている美白剤で、市販でもハイドロキノンを配合した商品が販売されています。ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、使い方、購入方法などご紹介していきます。

口まわりや目元の黒ずみ治療に使えないハイドロキノン

シミやくすみ等は、紫外線などから肌を守ろうとする為に過剰に生成されるメラニン色素が原因であり、口まわりや目元は紫外線以外にカミソリによる刺激や肌の乾燥によりメラニン色素が生成され、口まわりや目元は黒ずみ、実際にこの肌トラブルに悩んでいる方が多くいます。
ハイドロキノンは、イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質であり、メラニン色素の生成を促進する還元酵素チロシナーゼの働きを阻害し、肌の深層部の基底層周辺で形成されるメラノサイトを抑制し、大きな美白効果を示します。
又、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸の数十倍~数百倍の美白治療効果がある事から、究極の美白薬や肌の漂白剤と呼ばれ皮膚の漂白目的の治療に用いられ、日本国内では2001年の厚生労働省の規制緩和によりハイドロキノンの配合濃度2%までのクリームや化粧品が市販化されています。
ハイドロキノンは、強い漂白作用を有する為に濃度や投与量が多くなると刺激性皮膚炎を引き起こすリスクがあり、一般的に口まわりや目元などの皮膚の薄い部位への治療目的の使用を避ける様に但し書きが添付されています。
口まわりや目元に使用する際には、非常に配合濃度の低い薬剤を使用するべきです。
高濃度のハイドロキノンは、発ガン性が指摘されておりヨーロッパの一部では使用が禁止されている国もあり、現在ではWhite377と呼ばれるフェニルエチルレゾルシノールが注目されています。
フェニルエチルレゾルシノールは、チロシナーゼ酵素活性阻害効力がハイドロキノンの約2100倍と非常に強い抗酸化力を有し安全性も確認されていますが、高濃度になるほど刺激が強くなる問題点があります。