ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている美白剤で、市販でもハイドロキノンを配合した商品が販売されています。ここでは、ハイドロキノンの効果や副作用、使い方、購入方法などご紹介していきます。

肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンの治療効果

ハイドロキノンは、一部の果樹やコーヒーなどに含まれる天然成分であり、強力な還元作用がある事から工業用の酸化防止剤としても用いられていますが、2001年の薬事法の規制緩和により日本国内でも化粧品やシミなどの治療に用いられる様になっています。
シミなどの原因とされるメラニンは、紫外線などの刺激により酸化され、黒く濃くなる性質を持っています。
究極の美白成分と呼ばれるハイドロキノンは、メラニンに直接作用するのでは無く、メラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害する事で間接的に美白効果を高め、色素沈着や肝斑などの治療にも効果あるとされ、コウジ酸やアルブチンなどの美白成分の約100倍の治療効果があるとされています。
ハイドロキノンは、既に生成されたメラニン色素自体を薄くする還元作用があり、色素細胞と呼ばれているメラニン色素を生成するメラノサイトに直接作用し、メラニンの生成量を減少させます。
ハイドロキノンは、現在気になるシミなどを治療し、将来出来る可能性のせいあるシミに対しても効果が期待出来る美白成分です。
ハイドロキノンは、炎症後色素沈着や肝斑、雀卵斑、老人性色素斑などに有効とされ、浸透率の低いハイドロキノンとトレチノイン酸を併用する事でより高い美白効果が得られるとされています。
トレチノイン酸は、血液に微量に存在するビタミンAの誘導体であり、環状オリゴ糖でコーティングしたシクロデキストリン包接トレチノインとして用いられています。
トレチノインは、ビタミンAの約100~300倍の生理活性があり、強力なターンオーバー作用により、古くなった細胞を排出する代謝を活発化させ、ハイドロキノンでは対応出来無い表皮の奥にあるメラニン色素を皮膚の外へ排出し、美白効果を高めています。